Structural Color

2015.7.29
モルフォ蝶とか、アマゾン系の蝶々は超綺麗!
これは構造色と云われている事象であり、、
光の波長あるいはそれ以下の微細構造による発色現象を指す。
身近な構造色にはCDやシャボン玉などが挙げられる。
CDやシャボンには、それ自身には色がついていないが、
その微細な構造によって光が干渉するため、色づいて見える。
構造色の特徴として、見る角度に応じて、様々な色彩が
見られることが挙げられる。
色素や顔料による発色と異なり、
紫外線などにより脱色することがなく、
繊維や自動車の塗装など工業的応用研究が進んでいる。。
以上はWikiより、
紫外線による脱色がないとは、何かのヒントになりそうな。。
というか、既に色々なモノが開発されていますね、、

太宰府に来てから、チョウチョと戯れるというか、
コミュニケーション出来るスキルが身に付いた!と思います。
じっと姿を見ていると、とんでもない現象が、、、
自然は自然なんだけれど超自然を感じてしまう、幸せ。

いつもありがとうございます。